成人病にならないための参考書

成人病は中高年の方がなる病だと思っていませんか?しかし、現在では30代の若い世代でも多くなってきているので注意しましょう。こちらでは成人病にならないための生活習慣をご紹介します。

成人病と成長ホルモンと冷え症について

健康診断で体重やウエスト周りが気になりだしたら、成人病予防のためにも、ダイエットを意識しましょう。ダイエット効果を効率よく向上させるには、睡眠時の成長ホルモンの分泌にも着目をしましょう。人間は寝ている時に体の内側が修繕をされるようにできていて、眠っている時にはホルモンが分泌をされます。太りにくい体をつくり、痩せるためにも、睡眠時のホルモン分泌を順調にすることが重要になってきます。

睡眠時間が短い人の方が、統計から言っても肥満になりやすいです。忙しいとか、夜ふかしが好きという理由で、眠りの時間を短くしていると、どんどん太りやすくなります。睡眠時よりも目をあけて活動をしている時間が長い方が、動くので消費カロリーも多いと思ったら大間違いです。睡眠が足りないために、ホルモンはアンバランスになりますので、余計に太りやすい体質へと向かうことになります。

人間は空腹感を感じて食べますし、食事をすれば満足をします。対内分泌のホルモンが影響をしていて、脳の食欲中枢であったり、満腹を理解する満腹中枢への刺激があるためです。

食欲を抑制するのはレプチンですが、こちらが多くなると、体質は痩せやすくなります。でも食欲を増加させるグレリンのほうが増加をしたら、体質的にも肥満に陥りやすくなります。

痩せやすい体質にするためには、冷え症も解消をしておく必要があります。筋肉の少ない、脂肪の多い人は、だいたい冷え性を抱えているものです。血行が良くなければ体内のめぐりは滞りますが、血液循環が改善をされると、代謝が良くなります。新陳代謝の良い状態は、脂肪燃焼も活発になるので、基礎代謝まで高くなります。だから冷え性を解消するのは、ダイエット効果ももたらします。