成人病にならないための参考書

成人病は中高年の方がなる病だと思っていませんか?しかし、現在では30代の若い世代でも多くなってきているので注意しましょう。こちらでは成人病にならないための生活習慣をご紹介します。

成人病と麦と目的について

肥満は成人病と隣り合わせだということを認識して、目的を健康に合わせてのダイエットをしていきましょう。見た目が良くなるだけのダイエットよりも、一生お付き合いする自分の健康を目的にしたほうが、真剣にダイエットにも向かい合いやすいです。健康的に痩せることで、見た目もスリムになってよくなります。

腸内には肥満を招く、デブ菌が存在をすると言われています。腸内細菌の餌は食物繊維ですので、食事では多く摂取をすることで、デブ菌を減らしていくことにもなります。食物繊維といても2つの種類があって、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が存在をしています。腸内の便のカサをアップできるのは、不溶性食物繊維の方です。

しかし腸内細菌のかっこうのエサになるのは、もうひとつの水溶性食物繊維のほうです。水溶性食物繊維も優れていて、脂質や糖質吸収をセーブする作用が働きやすくなりますので、ダイエットにも良いです。

水溶性食物繊維を一度に多く摂取をするのは、かなり大変なことです。ですが、もち麦を利用すれば、腸内細菌のためにもとても良い働きをしてくれることになります。水溶性食物繊維である、β-グルカンをたっぷりと含んでいるためです。

水溶性食物繊維β-グルカンの栄養成分は、もち麦の中央部分に含有しています。食事で体内へ入り込むと、水分の影響を受けますので、ゼリー状に変わることになります。そのゼリー状の形状で、食事で入れた脂質や糖質を包み込んで、体内への吸収をセーブさせる働きをしてくれます。

もち麦を食べることで、水溶性食物繊維のβ-グルカンが体内へとはいるので、そのおかげで体の中のデブ菌はだんだんと減少をしていくという流れになります。