成人病にならないための参考書

成人病は中高年の方がなる病だと思っていませんか?しかし、現在では30代の若い世代でも多くなってきているので注意しましょう。こちらでは成人病にならないための生活習慣をご紹介します。

成人病の疾病が体に与える影響とは

成人病は昔は癌、脳卒中、心臓病のみっつでした。しかしその後、生活習慣病に名称が変更されてからは、糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満がここに加わっています。成人病は、働き盛りである年齢層の人たちが罹患することが多い疾病として知られており、その理由は加齢による身体機能の変化が一番だとされていました。しかし実は、その疾病の発症には加齢以上にその人の生活習慣が大きく関与していることが明らかになったため、生活習慣病と言う名称に変更されたと言う経緯があります。成人病に該当する疾病が体に与える影響は、実に様々です。たとえば脳卒中や心臓病は、命の危機に直結する疾病です。また対応が少しでも遅れると、命は助かったとしても重篤な後遺症が発生することも考えられます。言語障害や運動障害、体の機能的な障害などがその一例として挙げることができます。また糖尿病や高血圧は、初期の段階では比較的、自覚症状が少ない疾病です。そのためそうであると診断された時には、症状がかなり進行している恐れもあります。すると様々な合併症が引き起こされている可能性も高くなります。そうした合併症は、命の危機に直結するものもあれば、健康的な生活を脅かすものもあり、また一生、その治療を必要とするものも多くあります。たとえば糖尿病であれば神経障害、それによる失明や末端組織の壊死が挙げられますし、高血圧であれば動脈硬化や腎臓に対する影響などが懸念されます。そしてそうした合併症が、脳卒中や心臓病の引き金となることもあります。肥満の場合は、それを生活習慣病だと、病気の一種だととらえていない人の方が多いかと思われます。ですが肥満はあらゆる病気のリスクファクターのひとつであるため、どんな影響が体に出てきてもやむを得ないと言うこともできます。成人病は予防することが可能ですから、こうした体への影響を少しでも少なくするため、予防と検査に努めることが重要です。