成人病にならないための参考書

成人病は中高年の方がなる病だと思っていませんか?しかし、現在では30代の若い世代でも多くなってきているので注意しましょう。こちらでは成人病にならないための生活習慣をご紹介します。

成人病予防とコーヒーの繋がり!糖分制限は関係ある?

成人病とはガンや糖尿病などの総称で、生活習慣病とも呼ばれます。
これは日本人の死因の上位に長年にわたって名を連ねることからもわかるように、誰しもが患う可能性のある病気なのです。
成人病の原因の大半は、不規則な睡眠や偏った食事、あるいはストレスであったり、メタボリックシンドロームであるなど、自分の意思で防げるケースが多いのも事実です。
なので成人病は日常の生活を規則正しく改善することで、そのリスクを大減らすことができます。

しかしそうはいうものの、なかなか生活スタイルを規則正しくすることは難しいのではないかと思います。
会社で残業続きだという人もいらっしゃるでしょうし、そのような方はストレスにさいなまれることも少なくないでしょう。
あるいは日常の食事のほとんどをファーストフードやコンビニの弁当に頼っているという人も珍しくないでしょう。
ですが、日常の生活の中でちょっとした習慣をつけるだけで、成人病を予防することができる場合があります。
ここでキーワードになるのがコーヒーです。
コーヒーにはポリフェノールという物質が多く含まれています。
このポリフェノールという物質ですが、高い抗酸化作用を持つので、血中の悪玉コレステロールが酸化されるのを防ぐことができるのです。
そうすれば結果的に、動脈硬化などから私たちを守ってくれるので、成人病のリスクを下げることにつながります。
なお1日に飲む量は3杯程度がいいと言われています。
いくら身体に良いと言っても、摂取しすぎては逆効果です。
これはコーヒーに限った話ではないので、注意するようにしましょう。
またコーヒーを飲む際はスティックシュガーやコーヒーミルクなどの糖分の摂取はできるだけ避けるようにしましょう。
糖分はそのようなところではなく、食事の中から良質なものを摂取することが重要です。