成人病にならないための参考書

成人病は中高年の方がなる病だと思っていませんか?しかし、現在では30代の若い世代でも多くなってきているので注意しましょう。こちらでは成人病にならないための生活習慣をご紹介します。

歯が生えないならインプラントしかない!

どのような理由からかは分かりませんが、いつまでたっても生えてこない歯がある方がいらっしゃいます。
このような方は、いつどのようにして、足りない歯を補うのか大変悩むところでもあります。

永久歯がほとんど揃ったが、一つだけがまだ生えてこないという状況の方が多いと思います。
一つだけでしたら、その方の状況にもよりますが、方法はいくつかあります。

部分入れ歯で補う方法、差し歯などで補う方法、そしてインプラントを埋め込む方法です。
若い方はさすがに入れ歯には抵抗があるかとは思います。
また、入れ歯は噛む力が弱いため、食事中何となく口の中のバランスが悪いように思います。
また、突然外れることもあるため、人に見られると辛いです。

差し歯の場合は、まず、根になる部分が歯茎に存在するかということが問題になります。
人によっては歯茎の中に歯があるのに生えてこない人もいます。
そのような人の場合は、差し歯が可能になります。
差し歯でしたら費用的にも安いため、いずれインプラントに移行するとしても、この治療でしばらくは過ごせます。
うまく行けば、差し歯のままで一生使えるかもしれません。

しかし、根になる部分が歯茎に存在しない場合は、やはりインプラントが良いでしょう。
しかし、今生えてこない1本だけをインプラントにする場合は後々のことも考えておきましょう。
いずれ、他の歯がダメになってしまうときが来るかもしれません。
その時は、インプラントの治療をした歯も含めて再手術をしたくなります。
その場合、きちんと出来るのか、どのようになっていくのかは納得のいくように聞いておいてください。

そしてインプラントを考えるのなら、きちんと実績のある歯科を選びましょう。
この手術は必ずしも成功するとは限りません。
術後、不具合が出たり、身体にしんどさなどが現れることもあります。
どのような手術でもリスクはありますので、しっかりとした歯科にお願いするようにしてください。

インプラントには部位にもよりますが、オールオン4という治療があります。
この治療は、顎の状態にもよりますが、埋め込むインプラントの数が最小4本で、骨の移植などもなく、抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで一日で出来てしまいます。
手術後の夜には、装着したてのインプラントで支えられた仮歯で快適に食事をすることが出来ます。

このオールオン4という治療は、今までの手術と違い、時間も短く費用的にも安くなります。
自分に合っているかなと思われる方はインプラント専門の歯医者へ一度相談に行くことをおすすめします。
勿論今までかかっていた歯医者さんとも相談をして、さまざまな意見を聞き、自分が納得のいく方法で考えていくようにしてください。
歯は自分の歯を一生使いたいものですが、出来ない人がほとんどです。
歯肉が傷むと食べ物も選べなくなり生活が楽しくありません。
歯が生えてこない人も歯肉が傷み歯が無くなった人もインプラントでよみがえることが出来ます。
歯に悩みのある方は一度考えてみられてはいかがでしょうか。