成人病にならないための参考書

成人病は中高年の方がなる病だと思っていませんか?しかし、現在では30代の若い世代でも多くなってきているので注意しましょう。こちらでは成人病にならないための生活習慣をご紹介します。

記事一覧

成人病やがんを抑えるには免疫力が大切

成人病には心臓病や脳卒中、がんなどの病気が含まれます。近年では糖尿病や動脈硬化、高血圧症なども含まれており、がんとは区別され、生活習慣病として成人病の中に入っています。
成人病は主に生活習慣が原因となっています。特に糖尿病や動脈硬化は食生活の乱れや生活習慣の乱れ、ストレス、喫煙、運動不足などが原因となっており、薬を服用しても簡単には改善されません。
がんをはじめ成人病は免疫力が低下することにより起こることが多いです。免疫力が低いと成人病の他に、口内炎ができたり、花粉症などのアレルギー性疾患や、風邪にかかりやすくなります。免疫細胞は白血球の中にあり、体に侵入してきたものを排除したり、がん細胞を無毒化したりします。そのため病気にならないためには免疫力を高める必要があります。
免疫細胞は7割は腸内で作られます。腸内には様々な細菌がありますが、腸内の細菌を増やすことで、免疫細胞も鍛えられ、体内に侵入してきたものを排除しやすくなります。
腸内の環境を整えるには、乳酸菌やビフィズス菌、漬物やヨーグルトなどの発酵食品、食物繊維、オリゴ糖の摂取をします。腸内細菌を減らさないことが大切なため、食品添加物が多いものはなるべく食べないようにしましょう。
この他、免疫力を高めるには自律神経を整える必要があります。自律神経が乱れてしまうと免疫細胞が減少するからです。できるだけストレスがたまらない生活を送ることが必要なため、ゆっくりと湯船につかる、思い切り笑う、自分だけの時間を持つということを行います。
また、体温が1度下がると免疫力は3割低下してしまいます。温かい飲み物を飲んだり、1日30分ほどは歩くようにしましょう。

続きを読む

成人病予防とコーヒーの繋がり!糖分制限は関係ある?

成人病とはガンや糖尿病などの総称で、生活習慣病とも呼ばれます。
これは日本人の死因の上位に長年にわたって名を連ねることからもわかるように、誰しもが患う可能性のある病気なのです。
成人病の原因の大半は、不規則な睡眠や偏った食事、あるいはストレスであったり、メタボリックシンドロームであるなど、自分の意思で防げるケースが多いのも事実です。
なので成人病は日常の生活を規則正しく改善することで、そのリスクを大減らすことができます。

しかしそうはいうものの、なかなか生活スタイルを規則正しくすることは難しいのではないかと思います。
会社で残業続きだという人もいらっしゃるでしょうし、そのような方はストレスにさいなまれることも少なくないでしょう。
あるいは日常の食事のほとんどをファーストフードやコンビニの弁当に頼っているという人も珍しくないでしょう。
ですが、日常の生活の中でちょっとした習慣をつけるだけで、成人病を予防することができる場合があります。
ここでキーワードになるのがコーヒーです。
コーヒーにはポリフェノールという物質が多く含まれています。
このポリフェノールという物質ですが、高い抗酸化作用を持つので、血中の悪玉コレステロールが酸化されるのを防ぐことができるのです。
そうすれば結果的に、動脈硬化などから私たちを守ってくれるので、成人病のリスクを下げることにつながります。
なお1日に飲む量は3杯程度がいいと言われています。
いくら身体に良いと言っても、摂取しすぎては逆効果です。
これはコーヒーに限った話ではないので、注意するようにしましょう。
またコーヒーを飲む際はスティックシュガーやコーヒーミルクなどの糖分の摂取はできるだけ避けるようにしましょう。
糖分はそのようなところではなく、食事の中から良質なものを摂取することが重要です。

続きを読む

成人病を防ぐ為に不飽和脂肪酸の表示に気をつける

成人病が別名では生活習慣病と呼ばれていることをご存知の方も多いとおもいます。
その名の示す通り、睡眠や運動の不足、喫煙や過度のアルコール摂取などが原因となっておこる病気です。
成人病はガンや糖尿病、心筋梗塞など死につながる病気の総称ですから、これらを患うリスクを減らすためには十分注意をして日々の生活を送るべきだと言えるでしょう。

成人病予防にはバランスの良い食事を心がけることが重要です。
ファーストフードやコンビニに頼ってばかりではいけません。
野菜の摂取量がすくなってしまうからです。
またこのようなところで販売されている食品に用いられている油は、決して質の高いものとは言えません。
多くが大豆油やコーン油といった安価な植物油なのですが、これらに含まれている不飽和脂肪酸はリノール酸というものです。
これは人体に必要な油脂分であることは間違い無いのですが、過剰に摂取すると身体に害を及ぼすことが最近の研究で判明しています。
具体的には体内の脂肪になりやすくメタボリックシンドロームの原因になるほか、血中で悪玉コレステロールになりやすいということだそうです。
ですから必要以上のリノール酸の摂取は避けるべきなのですが、ファーストフードやコンビニでは大量に使用している場合が多いので注意が必要です。
食品表示を見ても分かりにくいのが難点ですが、家で油を使用する場合にはパッケージに気をつけましょう。
最近ではリノール酸の量を減らしていることをウリにしているサラダ油もあります。
また同じ不飽和脂肪酸であってもオレイン酸ならば、逆に心血管やガン予防に大きな効果があることがわかっています。
オレイン酸はオリーブオイルの主成分なので、こういったものをサラダ油の代用に使うことが、成人病のリスクを下げることにつながるでしょう。

続きを読む

成人病と成長ホルモンと冷え症について

健康診断で体重やウエスト周りが気になりだしたら、成人病予防のためにも、ダイエットを意識しましょう。ダイエット効果を効率よく向上させるには、睡眠時の成長ホルモンの分泌にも着目をしましょう。人間は寝ている時に体の内側が修繕をされるようにできていて、眠っている時にはホルモンが分泌をされます。太りにくい体をつくり、痩せるためにも、睡眠時のホルモン分泌を順調にすることが重要になってきます。

睡眠時間が短い人の方が、統計から言っても肥満になりやすいです。忙しいとか、夜ふかしが好きという理由で、眠りの時間を短くしていると、どんどん太りやすくなります。睡眠時よりも目をあけて活動をしている時間が長い方が、動くので消費カロリーも多いと思ったら大間違いです。睡眠が足りないために、ホルモンはアンバランスになりますので、余計に太りやすい体質へと向かうことになります。

人間は空腹感を感じて食べますし、食事をすれば満足をします。対内分泌のホルモンが影響をしていて、脳の食欲中枢であったり、満腹を理解する満腹中枢への刺激があるためです。

食欲を抑制するのはレプチンですが、こちらが多くなると、体質は痩せやすくなります。でも食欲を増加させるグレリンのほうが増加をしたら、体質的にも肥満に陥りやすくなります。

痩せやすい体質にするためには、冷え症も解消をしておく必要があります。筋肉の少ない、脂肪の多い人は、だいたい冷え性を抱えているものです。血行が良くなければ体内のめぐりは滞りますが、血液循環が改善をされると、代謝が良くなります。新陳代謝の良い状態は、脂肪燃焼も活発になるので、基礎代謝まで高くなります。だから冷え性を解消するのは、ダイエット効果ももたらします。

続きを読む

成人病と麦と目的について

肥満は成人病と隣り合わせだということを認識して、目的を健康に合わせてのダイエットをしていきましょう。見た目が良くなるだけのダイエットよりも、一生お付き合いする自分の健康を目的にしたほうが、真剣にダイエットにも向かい合いやすいです。健康的に痩せることで、見た目もスリムになってよくなります。

腸内には肥満を招く、デブ菌が存在をすると言われています。腸内細菌の餌は食物繊維ですので、食事では多く摂取をすることで、デブ菌を減らしていくことにもなります。食物繊維といても2つの種類があって、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が存在をしています。腸内の便のカサをアップできるのは、不溶性食物繊維の方です。

しかし腸内細菌のかっこうのエサになるのは、もうひとつの水溶性食物繊維のほうです。水溶性食物繊維も優れていて、脂質や糖質吸収をセーブする作用が働きやすくなりますので、ダイエットにも良いです。

水溶性食物繊維を一度に多く摂取をするのは、かなり大変なことです。ですが、もち麦を利用すれば、腸内細菌のためにもとても良い働きをしてくれることになります。水溶性食物繊維である、β-グルカンをたっぷりと含んでいるためです。

水溶性食物繊維β-グルカンの栄養成分は、もち麦の中央部分に含有しています。食事で体内へ入り込むと、水分の影響を受けますので、ゼリー状に変わることになります。そのゼリー状の形状で、食事で入れた脂質や糖質を包み込んで、体内への吸収をセーブさせる働きをしてくれます。

もち麦を食べることで、水溶性食物繊維のβ-グルカンが体内へとはいるので、そのおかげで体の中のデブ菌はだんだんと減少をしていくという流れになります。

続きを読む

成人病の標準の症状と情報について

成人病は、現代病とも呼ばれている病気です。
生活習慣が関係しているため、最近では生活習慣病とも呼ばれています。
成人病と呼ばれている病気には、がんや脳梗塞、脳卒中や高血圧、糖尿病や高脂血症などが標準の症状です。
成人病は遺伝的要素も強いですので、家族にこのような症状の方がいる場合は気を付けましょう。
これらが起こる原因は、運動不足や偏った食生活、喫煙や飲酒、ストレスなどです。
成人病を予防するためには、まずは生活習慣を改善していかなければなりません。
改善するための情報をご紹介します。
運動不足は、肥満になることはもちろんですがコレステロール値や中性脂肪値に悪影響を与えてしまいます。
体を弱くしてしまいますので、毎日少しずつでも運動をするようにしましょう。
最初はウォーキングやストレッチから始めるといいでしょう。
食生活は、毎日欠かさず食べるものなのでとても関係しています。
脂質の多いものやジャンクフード、インスタント食品などを避け、栄養バランスのとれた食事をとるようにしましょう。
市販のお弁当やお惣菜、外食などは、添加物が入っていたり高カロリーのものが多いので、出来るだけ控えるようにしましょう。
喫煙や飲酒は、百害あって一利なしです。
ストレス発散のために必要であれば適度な量にして、出来るだけ控えるようにしましょう。
成人病は、一度診断されてしまうとなかなか治すことはできません。
治療には時間とお金がかかりますし、とても辛いものです。
予防をすることができますので、毎日の生活の中で気をつけるようにしていきましょう。
病気になってしまうと本人だけではなく、大切な家族もとても辛い想いをします。
病気にならないためにも規則正しい生活を送っていきましょう。

続きを読む

成人病の疾病が体に与える影響とは

成人病は昔は癌、脳卒中、心臓病のみっつでした。しかしその後、生活習慣病に名称が変更されてからは、糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満がここに加わっています。成人病は、働き盛りである年齢層の人たちが罹患することが多い疾病として知られており、その理由は加齢による身体機能の変化が一番だとされていました。しかし実は、その疾病の発症には加齢以上にその人の生活習慣が大きく関与していることが明らかになったため、生活習慣病と言う名称に変更されたと言う経緯があります。成人病に該当する疾病が体に与える影響は、実に様々です。たとえば脳卒中や心臓病は、命の危機に直結する疾病です。また対応が少しでも遅れると、命は助かったとしても重篤な後遺症が発生することも考えられます。言語障害や運動障害、体の機能的な障害などがその一例として挙げることができます。また糖尿病や高血圧は、初期の段階では比較的、自覚症状が少ない疾病です。そのためそうであると診断された時には、症状がかなり進行している恐れもあります。すると様々な合併症が引き起こされている可能性も高くなります。そうした合併症は、命の危機に直結するものもあれば、健康的な生活を脅かすものもあり、また一生、その治療を必要とするものも多くあります。たとえば糖尿病であれば神経障害、それによる失明や末端組織の壊死が挙げられますし、高血圧であれば動脈硬化や腎臓に対する影響などが懸念されます。そしてそうした合併症が、脳卒中や心臓病の引き金となることもあります。肥満の場合は、それを生活習慣病だと、病気の一種だととらえていない人の方が多いかと思われます。ですが肥満はあらゆる病気のリスクファクターのひとつであるため、どんな影響が体に出てきてもやむを得ないと言うこともできます。成人病は予防することが可能ですから、こうした体への影響を少しでも少なくするため、予防と検査に努めることが重要です。

続きを読む